読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1児の娘を持つ母の便秘日記

便秘になったきっかけからいろいろな対処法を試してる1児の娘を持つ母の便秘日記です!

次女の赤ちゃんが便秘になったので

早いですね。

もう次女は4カ月を過ぎました。

主に母乳で育てています。たまにおっぱいの出が心配な時はミルクを作ってあげています。

 

そんな赤ちゃんですが、最近3日間うんちが出なかったので、心配になっちゃいました。

病院に連れて行こうか迷いましたが、赤ちゃんの便秘解消法として、綿棒でお尻をぐりぐりするという方法を以前やったことがあったので、今回もやってみました。

今回はすぐには効果が出ませんでしたが、数時間後、無事うんちが出産されました。

良かった良かった。

私は、赤ちゃんが便秘になった際以下のサイトを参考にさせていただいています。

私と同じママさんで悩んでいた方が紹介しているので為になります。

私もこのような経験を皆さんにお伝えできたらいいなと思っております。

 

報告が遅れましたが産まれました!!

先月次女が産まれました!!

報告が遅れました!

 

なんてったって忙しい日々を送っているのでブログを書く時間すらない…

 

上の子は2歳半ではしゃぎまくり、暴れまくり。

産まれた子は抱っこしておっぱいあげて、寝かせようとしたら起きて・・・

夜は1時間おきに起きる始末。。。

 

疲れがたまるーーー!

 

実家だから旦那は一人単身赴任状態。

うらやましい・・・

そして頼りたいときにいない・・・

 

でも毎週末帰ってきてくれるのはありがたい!!

旦那の疲れ具合も見てればわかるけど。相当疲れてるな!笑

 

毎日仕事も忙しいらしいし。

でもそんなこといってられませんよー!

私の方が辛い。。。と思う。。。笑

 

そして赤ちゃんは産まれたばっかりなのでうんちはゆるい。

ママは固い・・・

 

がんばってゆるくしないとな!!!

切迫早産で入院のお話し

前回は帯状疱疹のお話をしましたが、今回は切迫早産で入院のお話しを。

そして便秘で下剤のお話を。

 

帯状疱疹が治りかけて、一安心していた矢先、何かお腹が痛く。。。

陣痛??

陣痛って何分か置きに来るっていうから測ってみよー。。。

 

・・・

・・・

 

確実に同じ感覚で痛くなっている!!これはまずい!!

 

ということで、旦那が仕事なので、病院に電話をしてみることに。

症状を話すとすぐに来い!ということで何も持たずに、タクシーで産婦人科に。

 

すると思ってもみないことに。。。。

 

「このままでは生まれてしまうので、即入院です」

 

途方にくれました。

もうすぐ里帰り出産のために実家に帰る予定だったのに。。

そして人生初めての入院。そして産まれてしまうんではないかという不安。

 

すぐに旦那に電話しました。

泣きながら・・・・

旦那はすぐに会社を早上がりしてくれて。

入院の荷物をもってきてくれました。

涙が止まりませんでした。。。

 

それから入院生活へ。

入院生活でもやっぱり便秘気味で、便秘だとお腹が張っちゃうので。

下剤を提供していただきました。

下剤で出していたら、ベテラン看護師さんに、「もっと自分で出せるように努力しなきゃダメよ!」と怒られ。凹みました。

でも出ないんだもん。。。。。

 

それからというもの、個室ではないので、赤ちゃんが生まれた人たちと一緒の部屋なので、赤ちゃんの泣き声で夜は寝れず。。。

早く退院しないと頭が狂いそうになる・・・

そんな日々を1ヶ月続けましたとさ。

 

便秘はお腹の赤ちゃんにも悪影響なので気を付けないとね。

妊娠と帯状疱疹・大学病院に駆け込む!!

前回は帯状疱疹になって胎児を殺されそうになった。というところで終わってましたね。

 

なんでそうなったかというと。

背中が痒いなぁ。という日々が続いたんですよ。

汗疹かな。妊婦湿疹かな?とか思って、保湿クリームとかかゆみ止めとか塗りまくってたんですが、ものすごく今度はひりひりして痛くなって。

旦那に見てもらったら、すごくぐちゅぐちゅになってるよ。。。。コレ病院行った方がいいんじゃないの?と言われ。皮膚科に。

 

旦那と結婚して、知らない土地で暮らしてから皮膚科に行ったことが無く。

どこの皮膚科がいいのかわからなくて。駅前にある皮膚科に行こうとしたら。

旦那が、「あそこ、俺行ったけど、なんか嫌な感じだったよ」と言ってきましたが。

そこしか知らなかったので行ってみました。

 

最初は症状だけ説明したら、「あー妊婦湿疹だねぇ。薬出しておきますから。」みたいな感じで終わりそうになって、「とりあえず見てみますか。」と言われ、見せたら「こりゃ帯状疱疹だ!すぐ処置しないと胎児に移って最悪死産だよ!!」と言われ、泣きそうになりました。

 

そして高い飲み薬を貰うことに。

妊婦なので飲み薬はとてもナイーブになってましたので、先生に「この薬飲んで胎児に影響ないですか?」と聞いたら、「影響ないとは言えない。何かしら産まれてきたら影響出るかもね」って。

おいおい。そんな薬怖くて飲めないじゃん!!!と思ったらすぐに

「でも飲まないと死産だからね!死産!」

って。ものすごく怖い感じで言われました。

泣きそうになって薬を貰って家に帰って、旦那が帰宅して話をしました。

とりあえずその日もらった薬を一回だけ飲んで、次の日旦那と大学病院に行くことにしました。

紹介状とかもないので自費で数千円払って。

 

大学病院の先生に今までの経緯を説明したところ「飲まなくていいよ。ごめんねぇ。もう治ってきているのにね。ほとんど胎児に影響がない塗り薬で治しましょう!」

と言われ、とても安心しました。

 

危うく駅前の皮膚科のおっさんに殺されそうになりましたよ。。。。

(まぁその先生からしたら大変!と思ったんでしょうけど)

 

(そして今は元気に2歳半にすくすく育ってますよ!)

 

が、帯状疱疹の後、切迫早産ですぐに入院になって、便秘で下剤を飲んでいたお話はまた次回に。

唾悪阻って知ってますか?

初めての妊娠。

もともとじっとしているのがつらい人で、動きたくてしょうがない私。

 

でもつわりがひどくて。

唾悪阻?

しってます?唾がたまってしゃべれないのです。

で、飲み込むと気持ち悪いので、ペットボトルを持参して唾を出すのですが。

あんまり知られていないようで。

まわりの知り合いには、「???」と分かってもらえません。。。

 

旦那は、なぜかわかってくれます!!笑

理由は。悪阻じゃないですが、旦那はパニック障害持ちで、匂いとかに敏感で。

歯医者でも唾がたまると気持ち悪くなることから、鎮静剤を打って治療しているくらいの人ですから。

そして、いつもオエツをしている人なので、つわりの辛さとは違いますが、何となくわかってくれるのです。そこは助かりました!笑

 

ある日夜寝ていたら、つばが気管に入って息ができなくなって辛かったです。

こんな唾悪阻早く終わってーーー!

と思っているときは終わらず。

あれ?と思ったときに止まりました!今日唾たまらない?みたいな。

 

悪阻が終わって、少し体重が増えたから歩こう!と思ったのが妊娠6~7か月目。

大分弱っていたんでしょうね。

 

帯状疱疹になって。胎児を殺されそうになって。そして切迫早産で入院。

その話は次回します!!

便秘の辛さ。旦那にはわからず・・・

すみません。

このブログを始めたのは、旦那が便秘についての辛さをわかってくれないので、その愚痴をここに書きたいため始めました!

 

うちの旦那は便秘しらず。毎日快便、一日数回出ることも。

そんな旦那に便秘の話をしても「大変だね」と他人事。

そして、たまに出たうんちも、ころっころのうんち。と言うと、笑う旦那。

 

なんてやさしさのない旦那なんでしょう。

 

そもそも便秘になったのは、生理が始まってから。もうだいぶ昔ですよね。

小学生の頃は便秘なんて知らなかったんです。

それが、生理が始まってから便秘になりやすい体質になったってわけですね。

 

これ、最初の娘を身ごもった時、妊娠中なのに便秘で、産婦人科の先生や、ネットで調べると、便秘は良くない(下痢も良くないですが)と書いてあって、

先生に下剤を貰ったりしてました(漢方とかね)

お腹が張っちゃうと、切迫早産になりかねないので。

 

そんな私が切迫早産になって入院したお話はまた今度お伝えします。

 

とりあえず、便秘にならないような対処法って本当にないのか調べました!次回いろいろ試した結果を説明したいと思います!